動画制作会社への制作依頼コストを考えるサイト

内容や目的別の費用を解説

個人的なイベントの場合

個人で動画制作を依頼するシチュエーションとして、最も多いのが「結婚式でのウェディングムービー、披露宴や余興のムービー」の制作依頼でしょう。
それ以外にも、卒業や就職、引越しなどの人生の節目、あるいは飲み会や新年会などでの社内イベントでの幹事を任された人など、個人でもいろいろと動画のニーズはあります。
個人での動画制作依頼の場合、格安プランを用意している会社であれば5000円以下で受け付けてくれる場合もありますが、それは15秒以下の動画など、多少制約があります。
概ねではありますが、30秒5000円程度からで考えてみるのが妥当です。
ただし、現在はインターネットで個人として動画制作を請け負っている人もいますので、そうした人に依頼すれば、更に安い値段で依頼を受け付けて貰えますが、クオリティの保証に不安が残るので、制作した動画などがあれば、それを見せてもらってから判断するのも良いでしょう。

企業や官公庁で制作依頼する場合

企業や官公庁では、動画のニーズは非常に高いものがあります。
ざっと挙げるだけでも「カスタマーサポート・ヘルプ用サイト、社内研修・学習用サイト、営業現場での説明用、企業公式サイト等々でのマニュアル動画」や「企業の主力商品の紹介動画」「会社紹介の動画」「採用のための企業プロモーション動画」といった具合です。
特に、現在のマルチメディア時代、インターネット全盛のこの時代においては、動画での説明や解説、プレゼンテーションができるかどうかというのは、新規採用、新規販路開拓、社内戦力強化などに直結してきます。
費用については30万円程度~300万円以上と幅がありますが、「パソコン内の素材だけで完結する動画ほど安くでき、関係者取材、各所の撮影動画、CGを用いるウェイトが増せば増すほど費用は上昇する」と考えて良いでしょう。


TOPへ戻る