動画制作会社への制作依頼コストを考えるサイト

動画製作を会社に依頼する場合の費用について解説するサイト

「動画」と「映像」の違い

まず、「動画」と「映像」という二つの言葉が、微妙に似ているようで違う使われ方をしているということを踏まえていただくと、あとの話も分かりやすくなると思います。
基本的に「動画」というのは「ただカメラを回して撮ったもの」で、「映像」というのは「明確な目的や意識で作成され、加工された上で利益を発生させるもの」という捉え方が、ひと昔前までなされていました。
現在は4K等の超高画質ビデオカメラを個人でも入手できる時代なので、過去よりも二つの言葉の違いは薄れてきていますが、それでも「動画=主にネット上にアップされているもの」「映像=テレビや映画館で流すもの」というような使い分けはされています。
そのため、このサイトで言う「動画」とは、個人で、あるいはネット上で公表されるものと捉えていただければよいと思います。

具体的な制作の方法を知る

では、プロの動画制作会社は、どのような形で動画を制作しているのでしょうか、それを見ていくことにしましょう。
基本的な流れとしては、広告や公式サイトなどでの会社概要や対応範囲などを見たクライアントから、作業の依頼や見積もり依頼が届き、営業担当がそれに対して見積もりや商談を行います。
商談が成立したら、制作担当が、自社で用意している素材やクライアントからの提供素材を基に、動画を制作していきます。
主に「アドビ」などの動画制作ソフトを使用するのですが、これらのソフトは、今まで誰も見たことが無いようなエフェクトを自作し、それを動画に対して付与することができたり、超高画質の動画も対応できたりするような「プロユース」のソフトであり、それを動かすパソコンにも高い性能を要求するため、こうしたハードやソフトを用意できるゆえにプロであるともいえます。


TOPへ戻る